高校生コース

高校1年生~高校3年生

  • 今の成績は全く関係ありません。
    高校生の「勉強ができない」「英語ができない」ほど原因が明らかなものはありません。

  • 原因その1
  • 「本物の講師」 に出会って指導を受けたことがない。 そのため、 あいまいに教えられて成績が伸びないケースがかなり多いです。 高校生の勉強は以下の通りです。
高校生の勉強方法
説明を受ける
疑問を当然感じる
質問する
理解する
訓練をする 
 ここがポイント!
定着させる
自分のものにする
    • ここの 「訓練をする」 がとても大切です。 いろいろな生徒さんのカウンセリングをしておりますと 「訓練」 がされていない生徒さんがほとんどです。 それは生徒さんの責任だけではなく、 指導側にも大きな問題があります。「本物の講師」 は学歴の上に胡坐 (あぐら) をかいている方ではなく、 逆に中学、 高校時代成績が悪かったが何かのきっかけで学力が向上し、 どういう 「訓練」 をすれば 「苦手科目」 が克服できるかを身を持って理解して、それを生徒さんにしっかりと伝えられる。 【何を、 どれだけ、 どういう風に】 をしっかりと伝えられる講師です。
    • 原因その2
    講師の学力にも問題が
  • 《原因その1》 とは少し矛盾しますが、 やはり講師の指導力にも問題があます。【講師の指導力】=「学力」+「発信力」+「カリスマ性」私は30年以上この仕事に携わっておりますが、「英語が得意」という先生には何人もお会いしましたが、残念な結果が多かったのを記憶しております。 やはり講師の学力は当然大切です。ちなみに私の専門は英語ですが 「英語が得意」 でありません。 「英語が大好き」 なのです。この違いは大きいと思います。 英語はできるようになると本当に面白い科目ですよ。 これを塾生に伝えています。
  • 原因その3
  • やはり地道な努力が不足している
  • これは英語で言うと 「単語 ・ イディオム ・ 構文」 数学で言うと 「基本の問題の反復」 数学の訓練も漢字の練習と同じです。 正しい答案の書き方を覚えるように 「この問題はもう自分にはできる」 という問題の反復程大切なものはないです。また英語の単語 ・イディオムは何回も書けばよいというものではなく、 YouTube でご説明しております。
    「新しい単語の覚え方」 を一度ご覧になってみてください。単語の壁が超えられるかも。


高校1年生

■指導科目
英語(選択)・数学Ⅰ(選択)
現代国語(選択)・古文・漢文(選択)
物理(選択)
■指導日時
  [中学1年生]
英語
長文読解
火曜日 8:50~10:00
※数学Ⅰ・ 現代国語 ・ 古文 ・ 漢文 ・ 物理は個別対応になります。
■指導内容
基礎英語: 大学入試に必要な基礎文法
実践単語300 : 本当に入試に役立つ単語指導

高校2年生

■指導科目
英語(選択)・数学ⅠⅡ(選択)
現代国語(選択)・古文・漢文(選択)
物理(選択)
■指導日時
英語
長文読解
土曜日 4:50~6:20
現代国語
古文・漢文
土曜日 3:15~4:15
※現代国語と古文 / 漢文は隔週で行います。
※数学Ⅱ・ 物理は個別対応になります。

高校3年生

■指導科目
英語(選択)・数学ⅠⅡⅢ(選択)
現代国語(選択)・古文・漢文(選択)
物理(選択)
■指導日時
英語
長文読解
土曜日 3:15~4:45
現代国語
古文・漢文
土曜日 4:50~6:20
※数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
物理は個別対応になります。
■指導内容
実践英文法Ⅱ: 本当に入試に役立英文法
英文解釈Ⅱ : 英文解釈マスターに
視角の長文読解Ⅱ: 長文をもう読まなくても大丈夫